2022.03.25 UP

串本沖でイカメタルゲーム ケンサキイカとスルメイカを狙え!(四季の釣り/2022年2月18日放送)

和歌山県の串本沖で、ケンサキイカとスルメイカを狙う。フィッシングアドバイザーは、メジャークラフトの広瀬達樹。
釣り方は専用のロッドとスッテを使ってイカを誘うイカメタルゲーム。ポイントの水深は40m前後。船の集魚灯で小魚が集まり、それを狙ってイカが寄って来る。基本的にケンサキイカはボトム、スルメイカはボトムから中層と広範囲に居る。
小魚が集まりだした頃、ケンサキイカやスルメイカを次々とゲット。この日はサポートアングラーの川上さんが絶好調で、一時は入れ喰い状態。好調の原因は、スピニングタックルとベイトタックルの使い分けだった。
番組では必要なタックルや釣り方のポイントなども詳しく解説する。

関連動画

磯エギングでアオリイカ好調!サイトとティップランで次々とゲット!/四季の釣り/2016年9月9日OA
串本沖でスーパーライトジギング 高級魚を次々とゲット!_四季の釣り/2020年4月3日放送分
タイラバゲームで鳴門海峡の桜鯛を狙え!/四季の釣り/2016年4月15日OA