2020.03.20 UP

鳥羽沖で青物ジギング、活性が低い魚にスイッチを入れろ!_四季の釣り/2020年2月14日放送分

三重県の鳥羽沖でハマチやメジロなどの青物を狙う。
フィッシングアドバイザーは、メジャークラフトの広瀬達樹。
前日の夜遅くまで、雨と風が強く、何とかおさまったものの、海は濁り最悪のコンディション。船長の話では、荒れ後は爆釣かゼロとの事。
メタルジグを、ボトムから表層付近まで、広く探ってもアタリ無しの状態が続く。
青物の活性が低い中、突然に伊丹の竿が大きく曲がり何やらヒット、青物か!?
数々の結果を残してきた広瀬マンが、ノーフィッシュで終わるのか?
番組では必要なタックルや釣り方のポイントなども詳しく解説する。

関連動画

淡路島の沖波止に秋が来た!タチウオも青物も絶好調!/四季の釣り/2018年9月28日放送
瀬戸内海でタイラバゲーム 乗っ込みの良型マダイをゲット!/四季の釣り/2019年5月24日放送
漁港の波止でお手軽フィッシング 春が来た!ルアーでメバルを狙おう!/四季の釣り/2018年4月13日放送