2020.06.19 UP

和歌山県中紀のひとつテンヤ(ガッ釣り関西#46/2020年6月13日放送)

広瀬達樹さんが和歌山県中紀を舞台に「ひとつテンヤ」の釣り方を紹介。リポーターの川田一輝も初挑戦ながらガシラをゲット。そして本命の真鯛の姿を見ることはできるのか?
今回、ヒロセマンこと広瀬達樹さんが紹介するのがエビ餌を使った「ひとつテンヤ」。テンヤオモリに孫バリのついたこの釣り方、ゆらゆらと落ちるエサの動きで誘い、真鯛、そして海底の根魚が狙えるという釣り方。
エサ釣りといえど釣りの動作はルアー感覚の、ゲーム性の高い釣り。リポーターの川田一輝も初体験ながら良型のガシラを次々にとらえていく。しかし本日の本命は魚の王様・真鯛。あの手この手で誘い見事ゲットなるのか?

関連動画

「マイクロジギング」対「タイラバ」優位なのはどっち?ヒロセマンと川田くんが実験対決!?【ガッ釣り関西#027|2020年2月1日放送】
筏のエギングとジギング(ガッ釣り関西、2019/9/28放送)
大阪湾紀北のタイラバゲーム(ガッ釣り関西、2019/11/9放送)